<< 故郷への恩返し | main |

スポンサーサイト

  • 2018.10.29 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


日中首脳会談

この数年、どれほど日中首脳会談を待ち望んだか。

_

 

6年前のちょうど今頃、日中関係は最悪だった。

 

日本でメディア情報を得る感じと、

現地でリアルな空気を得る感じは、

まるで違ったと思う。

_

 

2012年9月、尖閣諸島問題を契機に反日運動が爆発。

 

パナソニックやイオンなど多くの日系工場・店舗が襲撃され、

日本車に乗っているだけの中国人でさえも暴行される。

タクシーで日本人とわかると乗車拒否。

メディアには出なかったが、集団リンチにあって大怪我をした日本人もいた。

 

とにかく、外で日本語を話すと危険な雰囲気だった。

(僕は今でも駅やエレベーターの中では、日本の電話は出ない)

_

 

だからと言って、中国のことが嫌いになったり、

日本に帰りたいとは一度も思ったことはなかった。

 

それは、

 

常に一緒にいる中国人社員たち、そして、

全ての中国人の友人たちが、何らかの形で守ってくれようとたし、

その好意を有り難く頂き、また恩返しをしたいという強い気持ちが湧き出たからだと思う。

 

「経済活動を通じて、日中友好を実現する」という、

事業思想はここから生まれた。

 

-

 

今回の日中首脳会談の実現は、対米政策という外的要因が背景にあるだろう。

ただ、民間人の、ビジネスマンの、中国でリアルで生きている僕にとっては、理由など二の次だ。

 

長らく待った早春の陽光に少し浸っていたい気分なのである。

 

 

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2018.10.29 Monday
  • -
  • 00:25
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM