<< 夏の終わりのアモイにて | main | 異才の日本人大学教授 >>

スポンサーサイト

  • 2018.10.29 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


スチール撮影

「自分を愛せないと、他人は愛せない」

確かに、そう思います。

 

はい、認めます。

自分好きです😂

____________________________________________

 

福岡在住の写真家、濱崎さん。

 

東京とロンドンを拠点に、

アルバムジャケットなどを手掛けてきた。

顧客には、ジェームスブラウンなど世界的大物も。

 

彼の自宅兼スタジオに行き、

会社のプロフィール用で、

スチール撮影してもらうことに。

 

スーツ姿の「真面目」バージョンと、

私服のカジュアルバージョンの二パターン。

 

最初はコチコチに緊張していて、

右手と右足で歩くようなぎこちなさ。。。

表情も引きつる。

 

数々のモデルを撮影してきた彼から、

撮られ方のコツを伝授される。

 

モデルにも確かなノウハウがあることを知る。

とにかく、上半身の力を抜くことだそうだ。

無理にポーズを取ろうとすると、力みが生じ、

表情が不自然になるらしい。

 

撮影にもだんだん慣れてきて、

調子に乗ってきた。

 

ここからは博多弁で言う、

「のぼせもん」の本領発揮。

 

最後は上半身裸で、

雑誌「ターザン」を意識したポージング😂

________________________________________________

 

打ち上げの時の会話。

 

濱崎さん:「裸って。。。どれだけ自分が好きなの?😂」

私:「自分を愛せないと、他人は愛せないでしょ!😂」

 

 

 

 

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2018.10.29 Monday
  • -
  • 02:58
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM