<< 日本人学生インターンシップ | main | 夏の終わりのアモイにて >>

スポンサーサイト

  • 2018.10.29 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


上海飲食店の苦難

今年に入り、上海の飲食店は強制立ち退きの憂き目に遭っている。

日本人のレストラン経営者仲間。

 

彼らはリスクを取り、徒手空拳で頑張っている。

現地では予約が取れないほどの人気店もあった。

 

友人の店もその一つ。

政府からの通知。

 

「1ヶ月後に立ち退くこと」

立ち退きの理由は、「違法建築で運営している」など様々だが、

実際はみんな正式な手続き、認可を得て開業している。

 

補償も何もない。

泣き寝入りせざるを得ないのが現状だ。

 

本質的な背景は、

経済における政治の影響が強いこと。

詳しくはここでは書けないが。。。

________________________

友人の店の最終日。

 

「まだやるの?」(僕)

「やれるところまでやる!」(彼)

 

彼は、やり続ける先に見えてくる光を信じている。

 

 

 

 

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2018.10.29 Monday
  • -
  • 02:33
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM