<< サルサとの出逢い | main | Apple Watch >>

スポンサーサイト

  • 2018.10.29 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ボディメイキング

ライザップが流行っているらしい。

実は、1年前にボディメイキングを真剣に考え、
上海のライザップに通おうかと考えたことがあった。

「2ヶ月で必ず理想の身体になれる」という触れ込み。
なぜ、そうなれるのか?という単純な疑問。
それが納得できたら、始めてみようと考えた。

実際のトレーニングを体験させてもらい、
食事管理など、プログラムをヒアリングさせてもらった。

結論として、
「なるほど、これは必ずなりたい身体になれるな」と確信した。
しかし同時に、「必ずリバウンドする」とも確信した。


ライザップのプログラムはシンプル。
以下の三点に集約される。

1)食事制限(無炭水化物、無糖質)と毎食の報告
2)マンツーマンによる筋トレ(週二回)
3)高額な費用(高いお金を払ったから元を取りたいという心理)

食事制限については、
・炭水化物(米、麺、パンなど)NG
・糖質(根菜、デザート類など)NG
・醸造酒(ビール、ワイン、日本酒)NG

逆に推奨されるのは、
タンパク質(肉、魚、卵)、青野菜、豆、海藻類

脂肪燃焼に必要な筋トレはするものの、
有酸素運動はしない。

費用は2ヶ月で約40万円。


きちんとプログラム通りにやれば、
 「2ヶ月で必ず理想の身体になれる」のは間違いない。

気づいたのは、ライザップのビジネスのキモは、
人間の意志の弱さを突いた、コンサルビジネスだということだ。

実際にやることは、食事制限と筋トレ。
知識とやる気さえあれば、誰でもできる。

だが、人間の意志はとても弱い。
ダメだとわかっていても、楽な方に流されてしまう。
その弱さをサポートしますよ、というのがこのビジネスの本質だ。


しかし、炭水化物をこよなく愛する僕としては、
ライザップ式はとても許容できるものではなかった。

食べる愉しみを捨ててまで、
何此れ人生。

食べたい時に食べ、飲みたい時に飲み、
踊りたい時に踊り、歌いたい時に歌う。

人生は楽しむためにあるのだ。


そこで、ライザップ式の良い部分は取り入れつつ、
自分なりの方法でボディメイキングをするようにした。

ポイントは、
1)高N/Cレート食品の摂取
2)毎日の運動(有酸素運動と筋トレ)
3)習慣化

N/Cレートとは、N(Nutrition:栄養素)、C(Calorie:カロリー)。
つまり、カロリーに対して含まれる栄養素の割合で、
栄養密度の濃い食品を摂取するよう心掛けること。

毎日の運動は、ジムとダンスと自宅での体幹トレ。
ジムでは、効果的に望む筋肉を作るため、
専門のパーソナルトレーナーを雇ったりもした。

最も大事なのは、「習慣化」だと思う。
意志の力に頼るから続かない。
歯磨きと同じで、「やらないと気持ちが悪い」くらいになればいい。


この3ヶ月の目標は、
単純な体重減ではなく、体脂肪を一桁にすることだった。
つまり、余計な脂肪を落とすと同時に、筋肉を増やすこと。

ボディメイキングを始めて、
心と身体の状態がすこぶる良くなった。

心に余裕も生まれ、寝付きもいい。
仕事もここ一番の集中力が研ぎ澄まされる。


今、腹筋最強のトレーニングと言われる、
「ドラゴン・フラッグ」に挑戦中。

身体の理想形は、ブルース・リーだ。






スポンサーサイト

  • 2018.10.29 Monday
  • -
  • 01:01
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM