<< 空と海の蒼、緑の深み | main | ニュージーランドとゴルフ >>

スポンサーサイト

  • 2018.10.29 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


少数民族との付き合い方

ニュージーに来て、驚いたことの一つは、
先住民マオリ族との融和関係である。

通常、少数民族の文化は同化政策により、
徐々にマジョリティに吸収され、
消滅の運命を辿る。

ところがここでは、国語も国歌もマオリ語が含まれるなど、
現地文化がとても尊重されている。

ニュージーのラグビー代表が、
試合前にマオリ族の戦いの舞、
「ハカ」を全員で踊ることはよく知られている。

この背景には、宗主国イギリスの関節統治政策と、
入植時に宣教師主導(力による植民地政策ではなかった)だったことが、
伝統として息づいていることと推察される。

パワースポットとして有名なロトルアは、
マオリ族の聖なる大地として、
その誇りを感じさせている。





スポンサーサイト

  • 2018.10.29 Monday
  • -
  • 22:50
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM