<< 日本のグローバル化の一助に | main | 『自立塾』セミナー >>

生き残る

貿易商社として、ずっと輸出型ビジネスを展開してきた。

「上海から世界へ」をキーワードに、
日本、ドイツ、シンガポール、タイ、ベトナムなど、
輸出を通じた交易ビジネスが功を奏していた。

しかし、今の中国ビジネスの環境は、
大きな潮目を迎えている。

昨年末から外部環境が劇的に変化した。
多くの企業が倒産の憂き目に遭っている。

外部の大きな変化に対応にするため、
会社経営の舵取りを大きく切った。
輸入型ビジネスへの展開である。

新ビジネスの第一弾として、
バイオメトロニクス(生体認証)を手掛けている。
手の甲の静脈を使った安全管理システムだ。
これを中国市場にぶつける。

このシステムは世界初の試みで、
既に日本では官公庁や企業のセキュリティーに数多く導入されている。

今週、展示会で製品を出展した。
雑誌取材を受けるなど反響は上々。
初オーダーも受け、今後のビジネス展開に自信が持てる。


進化論を提唱した、ダーウィンはこう言った。

「強い者が生き残るのではなく、
 適応できる者が生き残る」

我々は、必ず生き残ってみせる。








コメント
古閑様
 いつもブログ読ませて頂いています。輸出型から輸入型への転換は
人件費の上昇で、安い物を求める海外企業のASEAN等への切り替えが急激に進んでいると言う事でしょうか。
 いつも、中国国内の鉄・SUS鋼材価格が
リンクされていたのを参考にしていましたが、
9月は掲示されていませんがやめたのでしょうか。

  • 米倉一雄
  • 2013/09/14 3:41 PM
米倉様、いつもブログを読んで頂きありがとうございます。

昨年は外部環境が大きく変化した年で、
当社も環境変化に合わせ、ビジネスモデルを転換する時期に来ております。

中国ビジネスは大きな潮目を迎えているといえます。

鋼材価格表は、当面掲示を止めさせて頂いています。
またWEBリニューアルに合わせ、再開致しますので、
どうぞよろしくお願い致します。
  • Koga
  • 2014/01/05 11:54 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM