<< 『温故1942』 | main | 39回目のBirthday >>

スポンサーサイト

  • 2018.10.29 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


一流の社員になるために

全社員を対象に研修会を実施した。

会社のビジョンである「世界に通用する一流の会社」になるために、
当社社員として必要なことを学ぶ場を設けた。

業務マニュアル作成に1年を費やし、
特別講師を招いて万全の準備で臨んだ。



ここまで力を入れる訳は、「会社=人」という大前提がある、
人が一流にならないと、会社は一流にならない。

一流の社員になるためには、
考え方や仕事方法を学ぶ必要がある。
物事には原理原則(基本)がある。

大きな樹木は、土地の中にしっかりした「根」が張っている。
この「根」をまず強くすること。

社員には「基本」を身につけ、
日々の仕事で完全に実践して欲しいと訴えた。


社員は真剣に先生の話に耳を傾け、
この機会から何かを得ようとする情熱が感じられた。

昨日より、今日。
今日より、明日。

少しずつでも改善を継続する積み重ねだけが、
大きな成長を得られる近道なのである。


UTS上海
総経理
古閑涼二

スポンサーサイト

  • 2018.10.29 Monday
  • -
  • 01:58
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM